ホーム » 容姿

カテゴリー別アーカイブ: 容姿

美人の基準とは・・・容姿についての基準

美人の基準ってご存知ですか?実際に考えたこともありませんが、何より、自分を磨いて綺麗に導くために美人の基準を身につけてみるようにしましょう。
実際に、美人というのは、左右対称の顔と言われていますが、最近では、美容整形をしている人も多くなっていますが、私が思う美人の基準って顔だけではないと感じます。
スタイルが良くてきれいだと美人という人もいますが、それよりも中身だと思いますし、飾るのではなく自然体が何より大切になってきます。
整形をすることにより、誰でも美人になれますが、自分ができる範囲で自分を磨く事が何より大切だと思います。
また、顔だけでなく、美人でも性格が悪い場合には、性格ブスともいわれていますので、外見も中身もすべてを整える必要があると思うし、好みやタイプにより美人と感じる人もいますし、そうでもないと感じてしまう点もあります。
キレイな人を目にすると美人だと感じますが、顔だけで決める事は難しいと思います。人により考え方が違うように人を見る目も変わってくると思います。
また、美人である条件の一つとしては、顔だけでなく、髪の毛もキレイである必要があり、すべての条件をクリアする必要がありますが、何よりも大切なことは、見た目だけではないと思います。
中には、優れている容姿を持っている人もいますが、すべての人に共通して美の基準が違っているので、目にする人により、美人の違いは出てきます。
実際に、多くの女性が美意識を高めるために、様々な努力をしていると思いますが、努力することで美人になれるのかというとそうでもありません。
美人って3日であきると言われていますが、美人でなくても、沢山の人に愛されなくても1人の人に愛される女性になりたいと私は思います。
美人は得だと多くの人が言いますが、美人だとすべての条件、手もキレイで顔もキレイ、髪もキレイですべてキレイという条件を満たすためには、それなりの努力も必要となってくるので、自分磨きで人生が終わってしまうような気もします。
実際に、普通で家庭の事をできる自分の方が良いと感じます。女性は家で家事をする役割がありますが、美人の人は、自分磨きで、そんなことをする時間ってなく、周りは離れていく傾向にありますし、美人というだけで、周りにちやほやされますが、本当の愛を知ることが出来ず、鼻が高くなってしまう傾向にあると感じます。
私が美人の基準を決めるとしては、それなりのスタイルでそれなりの顔で、それなりに家事や育児などをこなしていく女性の方が美人だと感じますし、憧れでもあります。